肌のテカりを抑えるにも”保湿”が大切

MENU

肌のテカリを抑えるのにも保湿が大切です

肌のテカり

 

肌のテカリを抑えるためにクレンジングや洗顔で皮脂を取り過ぎるのは却って逆の効果をもたらしてしまうと聞いたことがあります。
皮脂には肌の保湿を守るという働きみしているので皮質を取りすぎてしまうと、肌は乾燥から自分を守るために余計に皮脂を分泌してそれがまたテカリになってしまうからです。

 

肌の保湿に必要な皮脂を残すようにクレンジングや洗顔をするのはとても難しいことだと思います。この問題を解決するにはやはり肌の保湿を失わないようなスキンケアを日ごろから心掛けることなのだそうです。
肌の保湿力が弱まってくる年代になったらセラミドやヒアルロン酸などの入った基礎化粧品を使ってスキンケアをするのが良いそうです。

 

私も肌の乾燥やテスリが気になることが多くなってきたのでこのような点に気を付けてスキンケアをしていくつもりです。

 

肌質は歳と伴に変化します

肌年齢

当たり前のことだとは思いますが肌質というものは年齢が上がると伴に変化していきます。赤ちゃんで乾燥肌の子はいないと思います。みずみずしい肌をしている赤ちゃんも大人になるにつれて肌質がいろいろと変化していきます。
そして大人になった後も肌質は変化していきます。私は20代のころはどちらかと言うとオイリー肌でした。ですからオイリー肌にあったスキンケアをしていました。

 

ところが30代の半ばになって肌に違和感がありコスメショップで肌質チェックを受けてみたところ乾燥肌だと診断されてしまいました。ずっと自分はオイリー肌だと思っていたので本当に驚きました。

 

肌質は加齢により変化していくのだと改めて実感した出来事でした。スキンケアがうまくいかなくなったら肌質を調べてみるのも良いと思います。

 

オールインワンゲル参考記事

 

TOP⇒美白 毛穴 オールインワンゲル